トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーを安心して通販購入するために知るべきこと

医薬品の個人輸入には偽物が交じっていることがある?

医薬品の個人輸入は、自宅にいながら比較的安価で購入できるため非常に便利です。しかし、個人輸入で手に入れた医薬品を使用したことで健康被害を受けた事例が複数報告されています。事例となった薬はトリキュラーではないものの、全く関係ないとして無視することはできません。

個人輸入はメリットが大きい分、自分でリスクを背負わなければなりません。特に気をつけるべきリスクは薬の偽造品です。通販サイトの写真では判別が難しいほどの偽物が出回っており、これを避けるためには信用できる購入先を見つけるしかありません。

もし、偽物を飲んでしまったらどんな影響があるのか分かりません。今まで報告されている偽物には、全く関係ない成分が入っていたり、正規品よりも大量の有効成分が含有されていたりするものがあります。いずれにしても服用した場合に健康を損なう可能性が高いと考えられています。

日本で製造販売されている薬による副作用は、医薬品副作用被害救済制度によって治療費などが保証されています。しかし、個人輸入で入手した薬によって身体に不調が現れても制度を利用することはできません。医薬品を個人輸入する前に、メリットとリスクについてよく考えましょう。

安心してトリキュラーを通販購入できるサイトの特徴

通販でトリキュラーを安心して購入したいのであれば、個人輸入代行サイトの選び方がポイントとなります。正規品を扱っている優良サイトと呼ばれるサイトには、いくつかの共通点が存在しています。

例えば、医薬品を第三者機関で分析して成分鑑定書を公開しているサイトは、取り扱っている薬が本物である証拠を提示しており信頼できます。また、口コミなどの利用者の声が多く、内容的にも信用できるのであれば優良サイトだと分かります。

運営情報にも注目すると、安心してトリキュラーを通販購入できるサイトの判断材料になります。運営情報には会社の住所、電話番号、代表者の名前などが記載されています。実在しない住所や電話番号を使っていれば、そのサイトでトリキュラーを買うのはやめた方が良いでしょう。

運営歴が1~2年と短いサイトよりも、5年10年と長く続いている方が、実績や知名度がある分だけ信頼できます。偽物を売っているサイトが長続きするとは考えられないので、サイトを長く続けていられるということは正規品を扱っていると判断できます。

トリキュラーの通販におけるトラブルの避け方

信頼できる個人輸入代行サイトを選んだとしても、残念ながらその判断が間違っている場合もあります。そこで、サイト選びの後でなるべくトラブルを回避する方法や対処方法について説明します。

まず、注文時に契約内容や連絡先についてしっかりと確認しておきましょう。必要な費用やその振り分け、注文から発送にかかる日数などが明確になっており、困ったときの連絡先が分かりやすくなっているサイトでは、トラブルが発生しにくいと考えられます。

不良品や注文と異なる商品が届いた際の対応について、サイト上にはっきりと記載されていることも重要です。もし、不良品や間違った薬が届いても運営側がなにも対応してくれない状況になったときの対処方法についても知っておきましょう。

個人輸入代行サイトがトラブルや間違いに対応してくれない場合には、国民生活センター越境生活センター(CCJ)の窓口に相談しましょう。CCJは、海外ショッピングにおけるトラブルに対応してくれる相談窓口です。CCJに相談すれば、海外の窓口と連携してトラブルの解決に尽力してくれます。