トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーを使用する前に注意事項を把握しよう

一部の喫煙者やがん患者はピルを服用できない

トリキュラーは、正しく服用することで優れた避妊効果を示す低用量ピルです。しかし、ケースによっては、トリキュラーの服用が禁忌とされていることがあります。

まず、35歳以上で1日15本以上のタバコを吸っている女性は禁忌の対象です。トリキュラーの有効成分は、血栓を作りやすくすることがあります。喫煙は酸化ストレスや炎症反応によって血栓のリスクをより高めてしまい、35歳以上の女性は特にリスクが高いと考えられているため禁忌とされています。

乳がんや子宮頸がんを患っている方もトリキュラーを服用できません。トリキュラーに含まれている卵胞ホルモンが乳がんや子宮頸がんを悪化させる可能性があるためです。また、原因不明の性器出血がある人は、子宮頸がんの可能性がありますのでトリキュラーの使用が禁忌です。

医薬品の基本的な注意事項として、配合されている有効成分に対して過敏症を起こしたことがある方は、再度使用した際に過敏症が現れる可能性が高いことからその医薬品を使用が禁忌とされています。トリキュラーの場合は、エチニルエストラジオールまたはレボノルゲストレルに過敏症を起こしたことがあると禁忌となります。

ピルの服用中は血栓症が疑われる症状に注意する

トリキュラーなどの低用量ピルを使用していると、血栓症のリスクが高くなることが指摘されています。低用量ピルの使用者で血栓症が確認される割合は決して高くはありませんが、血栓症は重症化しやすい傾向がありますので、服用中には血栓症の症状がないか注意してください。

血栓症の症状は、強い胸の痛みや息切れ、頭痛、突然の足の痛みなどです。トリキュラーの服用中にこれらの症状が出現した場合には、血栓症である可能性がありますので、速やかに服用を中止して医療機関を受診してください。

体を動かせない、いちじるしい血圧上昇、脱水など血栓症のリスクが高くなる状態になったら、トリキュラーの服用を中止するなどの適切な処置を行ってください。長期間の安静を強いられる入院や手術が控えている場合には担当医と相談して、トリキュラーの服用を止めるかどうか決めましょう。

可能な限り血栓症のリスクを低下させるために、禁煙や定期的な検診が望まれます。血圧測定、胸・腹部の検査は6ヶ月おきに行い、1年に1回以上は子宮や卵巣などの骨盤内臓器の検査を受けるようにしてください。

トリキュラーは結核やC型肝炎の薬などと相性が悪い

トリキュラーには、飲み合わせの悪い薬がいくつか報告されています。それらの薬を併用すると、トリキュラーの効果が減弱したり、併用した薬の作用が増強される危険性があります。

結核の治療に使われるリファンピシンなどの薬や各種抗生物質は、トリキュラーの避妊効果を妨げたり、不正出血を起こしやすくする可能性があるため併用を避けてください。

C型慢性肝炎の治療に用いられるHIVプロテアーゼ阻害剤は、トリキュラーの作用を弱めてしまいます。C型慢性肝炎の治療を行う場合には、トリキュラーの服用を中止し、治療が完了してHIVプロテアーゼ阻害剤を飲まなくなってから2週間ほどあけたのちにトリキュラーの服用を再開してください。

プレドニゾロンなどのステロイド剤やシクロスポリンなどの免疫抑制剤は、トリキュラーと併用すると作用が強く出すぎてしまうおそれがありますので注意が必要です。