トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーの副作用で多いのは一時的な吐き気や胸の張り

副作用のほとんどは女性ホルモンの乱れから生じる

トリキュラーを服用すると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンを取り込むことになります。外部から女性ホルモンが補充されることによって、一時的に体内の女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、体調を崩してしまうことがあります。それがトリキュラーの副作用です。

トリキュラーの副作用として出現しやすいのは、吐き気や胸の張り、頭痛、下痢などの症状です。こうしたトリキュラーの主な副作用は、軽度かつ一時的である場合が大半です。服用を継続していれば、1~2ヶ月ほどで自然と治まっていきます。

妊娠中には、トリキュラーの副作用の原因であるホルモンバランスの乱れと同じような変化があります。そのため、吐き気や胸の張りなど、妊娠中にみられる体の不調と似た症状がトリキュラーの副作用として確認されています。

女性ホルモンの乱れによって生じる副作用は、トリキュラーを飲み始めた頃に現れるケースが多いです。トリキュラーを服用してからすぐに嘔吐や下痢の症状があると、有効成分を十分に吸収できないことがあります。

トリキュラーが原因で太ることはまずない

低用量ピルを服用すると太ってしまうというイメージを持っている方がいらっしゃるようですが、トリキュラーの副作用として太るということは基本的にはないと考えられています。ピルで太るというイメージがあるのは、成分含量の多い高用量や中用量のピルの影響でしょう。

とはいえ、トリキュラーの服用によって一時的に体重が増加する可能性は0ではありません。トリキュラーを服用すると、体内の環境が疑似的に妊娠している状態に近づきます。この状態では、プロゲステロンというホルモンの働きで栄養や水分を蓄えようとして脂肪がつきやすくなります。

トリキュラーの影響で体重の増加があっても、短時間の影響に過ぎず普段通りの生活を送っていれば自然と元の体重に落ち着くことがほとんどです。ときおり、副作用でむくみが起こることがあるので、その場合は太って見えるかもしれません。むくみの副作用も一時的なものであり、ずっと太って見えるわけではありません。

避妊以外の用途でトリキュラーを使用している場合は、体調が良くなることで食欲が増すことがあります。そういったときには食べ過ぎに気をつけていないと、太ってしまう可能性が十分に考えられますので注意してください。

1~2週間ほど不正出血が起こる場合がある

トリキュラーの副作用の一つに不正出血があります。生理は、はがれた子宮内膜を排泄する役割がありますが、トリキュラーを服用すると子宮内膜の成長が抑制されますので、排泄されずに残ってしまうことで不正出血が起こる可能性が出てきます。生理のときに子宮内膜の排泄が完了していれば不正出血は起こりません。

不正出血が起こりやすいタイミングは、トリキュラーの服用を開始したときやシートを切り替えたときなどです。大抵は、不正出血が起きても1~2週間で治まることが多く、3週間以上不正出血が続くのであれば、トリキュラー以外の原因がある可能性が高くなります。
不正出血があまりにも長くなる場合には、婦人科で診察を受けてください。

トリキュラーは、体内のホルモンバランスを変化させる作用があります。飲み忘れがあると体内の女性ホルモン量が減少して、不正出血を起こしやすくなります。毎日適切なタイミングでトリキュラーを服用していれば、不正出血の副作用が出現することを抑えられます。飲み忘れが原因で不正出血を起こした場合でも、1~2週間程度で治まることが多いです。