トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーとマーベロンはどっちを使った方が良いの?

一相性ピルのマーベロンは服用が簡単

マーベロンは、日本で製造・販売が承認されている低用量ピルのうち、特によく使用されているものの一つです。有効成分として卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルが配合されています。ピルを世代別に分類すると、マーベロンは第3世代に分類されます。

マーベロンは1日に服用する成分量が変わらない一相性のピルです。錠剤が1種類しかありませんので、飲み間違えが起こる心配がいりません。21錠タイプと28錠タイプの2種類が販売されており、28錠タイプには有効成分を含まないプラセボ錠が休薬期間の分だけ入っています。

28錠タイプであれば、1シート飲みきってからすぐに次のシートに移れますので、シートの切り替えのタイミングを間違えることがなくなります。その代わり、服用中は有効成分を含んでいる錠剤とプラセボ錠を飲み間違えないように気をつけなければいけません。

マーベロンは、避妊以外の用途でも使用されることが多く、ニキビの改善など美容を目的として用いられることもあります。他の低用量ピルだと逆にニキビを起こしやすくしてしまうことがありますが、マーベロンはニキビの副作用が起こりづらくニキビ治療に向いていると考えられています。

トリキュラーとマーベロンの主な違いは副作用の出現率

トリキュラーとマーベロンは、ともに使用されることの多い低用量ピルです。低用量ピルを選択する際には、トリキュラーとマーベロンのどっちを選べばいいのか悩んでしまうこともあります。そこで、トリキュラーとマーベロンの効果・飲み方・副作用を比較して説明します。

避妊効果については、トリキュラーもマーベロンも同等の効果を有しており、正しく服用することでほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。子宮内膜症や月経困難症に対して有効である点も、トリキュラーとマーベロンの共通点です。また、ニキビの改善に対しても同様の効果が得られます。

飲み方も基本的には同じですが、トリキュラーは成分含量の異なる3種類の錠剤があるのに対して、マーベロンは1種類のみとなっています。錠剤を飲む順番が決まっているトリキュラーと比較して、マーベロンは服用方法が簡単で飲み間違えることが少なくなっています。

第二世代の低用量ピルであるトリキュラーと比較して、第三世代の低用量ピルであるマーベロンは不正出血の副作用が起こりづらくなっています。しかし、血栓症の発生リスクはマーベロンの方が高いと考えられており、血管や血液に異常がある方だとトリキュラーの方が安全に使用できます。

ピルの切り替えは1シートを飲みきったタイミングでする

服用する低用量ピルの変更は、シートを切り替えるタイミングで行いましょう。例えば、トリキュラーからマーベロンに替えたい場合には、トリキュラーを1シート分飲みきって休薬期間を終えたのち、マーベロンのシートを飲み始めます。マーベロンからトリキュラーに変更する場合も同様の手順で行ってください。

1周期の途中で低用量ピルの切り替えを行うと、消退出血が起こって生理周期が乱れてしまうおそれがあります。場合によっては、生理周期が乱れるだけではなく、ホルモンバランスの乱れによって身体にさまざまな異変が現れることも考えられます。

身体に異変が起きてしまうと、原因を調べたり治療するために長い間病院やクリニックに通わなくてはいけなくなります。当然ながら通院のための費用を多くかかってしまいます。このような状況になるのを避けるためにも、低用量ピルを切り替えるタイミングは、必ず1シート分を飲みきってからにしてください。