トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーは正しい飲み方で毎日服用しましょう

トリキュラーは毎日1回1錠服用することが大事

トリキュラーの基本的な飲み方は、1シートを1日1錠ずつ毎日服用します。シートには3色の錠剤が入っており、赤色、白色、黄色の順番に飲み進めていきます。シートの裏面に服用する順番が書かれていますので、それに従って服用してください。

1日のうちどのタイミングで服用するかは自由です。ただし、毎日同じタイミングで飲むことが勧められています。食事の前後や就寝の前などにトリキュラーを飲むようにすると、飲み忘れることが少なくなるとされています。

1シート21錠を飲み終えたら、1週間の休薬期間を設けます。その間はトリキュラーを服用せず、1週間経ったら新しいシートを飲み始めてください。トリキュラーは、服用期間の21日間と休薬期間の7日間を合わせた28日間を1周期として服用します。

2つ目のシートからも、1シート目と同じように、1日1錠を毎日服用して21錠を飲みきったら休薬期間をとって、その後で次のシートに移ってください。服用を続けてトリキュラーを飲む習慣ができれば、飲み忘れることもなくなるでしょう。

生理のタイミングを変えたいときは服用期間を調節する

トリキュラーの休薬期間は生理にあたります。旅行やデートなど何かしらの予定があって、生理のタイミングをずらしたいと思った際には、トリキュラーの飲み方を工夫することで生理を早めたり遅くすることができます。

トリキュラーの黄色の錠剤を服用する日数を調節すれば、生理のタイミングをコントロールすることが可能です。
生理が早くきてほしい場合には、早めたい日数分だけ黄色い錠剤の服用を減らします。服用する日数が少なる分、早く休薬期間に入ることになります。

いつもよりも遅く生理がきてほしい場合には、遅れさせたい日数分だけ黄色の錠剤を追加で服用してください。赤や白の錠剤を追加で飲んだり、追加分の錠剤をまとめて飲んではいけません。1日1回の服用回数はちゃんと守ってください。

生理を早めたり、遅くするトリキュラーの飲み方を実践すると、減らした分の黄色の錠剤や追加したシートの赤色と白色の錠剤が余ってしまいます。余った錠剤は、服用せずに破棄してしまって構いません。

ピルは状況によって飲み始めのタイミングを変えられる

ピルを飲み始めるタイミングは、基本的には生理1日目が良いとされています。ここから28日間を1周期としてトリキュラーを服用することになります。その他にも、低用量ピルの飲み方にはサンデースタートやクイックスタートと呼ばれるものがありますので説明します。

サンデースタートは、生理が始まってから最初の日曜日に服用する飲み方です。サンデースタートのメリットは、シートの飲み始めが毎回日曜日になるので、服用方法を間違えたり飲み忘れたりすることが少なる点です。

サンデースタートだと、生理が火曜日や水曜日にくるようになります。週末には生理がきてほしくない方は、サンデースタートでトリキュラーを飲むと良いでしょう。

クイックスタートは、生理周期のどこからでも服用を開始できる飲み方です。生理不順でいつ整理がくるかわからない方には、クイックスタートが適しています。

サンデースタートでもクイックスタートでも、違いは飲み始めのタイミングだけで基本の飲み方は同じです。トリキュラーを飲み始めるよりも前に、どの飲み方が自分に適しているのか考えてみましょう。