トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーを飲み忘れると避妊効果はどうなる?

飲み忘れが1日だけならすぐに対処すれば避妊効果は持続する

トリキュラーを飲み忘れても1日だけであれば、特に大きな問題とはなりません。気づいたときに飲み忘れた分をすぐに服用すれば、次回からはいつもどおりに飲み進めれば避妊効果は薄れません。飲み忘れに気づいたのが次の日であった場合は1日に2錠を服用することになります。

ただし、避妊効果が持続するのは、シートの2週目以降のタイミングで飲み忘れがあった場合です。1週目に飲み忘れがあった場合には、十分な避妊効果は期待できなくなってしまいます。また、飲み忘れを繰り返している場合も避妊効果は薄れていきます。

トリキュラーの効果を持続させるためには、最後の服用から48時間以内に飲み忘れに気づく必要があります。その際には、飲み忘れた分と次に服用する分で服用間隔が24時間よりも短くなってしまいますが問題ありません。

このように、トリキュラーは飲み忘れてもすぐに避妊効果がなくなるわけではありません。落ち着いてちゃんと対処することができれば、避妊効果は持続しますし、飲み忘れを対処した以降の飲み方を変えたりしなくても大丈夫です。それでも心配であれば、コンドームなどの避妊方法を併用しましょう。

2日連続で飲み忘れると避妊効果は薄れる

トリキュラーの服用を2日連続で忘れてしまうと、避妊効果は薄くなります。シートの1~2週目に飲み忘れが2日以上続いてしまったら、次の生理を待ってから改めてトリキュラーを飲み始めてください。その間はコンドームなどの別の方法を用いて避妊する必要があります。

シートの3週目以降に飲み忘れが2日連続であったら、そのまま休薬期間に入ります。最後にトリキュラーを服用してから7日経ったら新しいシートの服用を開始しましょう。トリキュラーの休薬期間には生理がきますので、服用をとばした錠剤の日数分だけ生理が早く来ることになります。

休薬期間明けのタイミングでトリキュラーを飲み忘れると1日だけであっても避妊効果が弱くなる可能性があります。休薬期間を合計して8日以上取ってしまうと、その後1~2週間は十分な避妊効果が得られませんので、別の避妊方法を併用してください。

トリキュラーの服用目的が避妊ではなく、月経困難症や生理不順の改善であれば、2日連続で飲み忘れがあっても服用を継続できます。そのまま飲み続ければ、月経困難症や生理不順に対する有効性は維持されます。

飲み忘れはアラームやアプリなど使って減らせる

トリキュラーの飲み忘れをなるべくしないようにするための方法としては、アラームを使った服用管理が簡単でおすすめです。スマホや目覚まし時計のアラーム機能を使って、毎日同じ時間にアラームが鳴るように設定すれば、うっかりして服用を忘れていても音を聞くことで思い出せます。

最近では薬を管理するアプリが登場しており、服用時間になったらアラームが鳴る機能があったりと飲み忘れ防止策として有効です。薬を飲み始めた日付やどのくらい服用を継続しているのか記録しておくことができたりと、トリキュラーの服用に役つ機能が搭載されています。

毎日の服用タイミングを食事や睡眠などにひもづける方法も飲み忘れ対策になります。生活の流れの中にトリキュラーの服用を取り入れることで、決まったタイミングで自然とトリキュラーを服用できるようになると期待できます。特に朝食は、毎日決まった時間に自宅で摂ることが多いので最適です。

大切なことは、トリキュラーの服用を習慣化させることです。初めの頃は飲み忘れることが少なくなかったとしても、服用を続けていくうちにトリキュラーを飲むことが生活の一部となり自然と服用できるようになります。慣れないうちは錠剤シートを目に入る場所に置いておくなどして飲み忘れないようにしましょう。