トリキュラー(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)

トリキュラーは生理痛や月経不順を改善する効果がある

トリキュラーは生理痛など月経困難症の症状を軽減させる

トリキュラーの効果は、妊娠を防ぐだけではありません。辛い生理痛などの月経困難症の症状を軽減させることもトリキュラーの効果の一つです。月経困難症は女性ホルモンの乱れによって生じます。トリキュラーを服用することで、ホルモンバランスが整って月経困難症が改善します。

生理痛は、子宮の過度な収縮運動によっておこり、激しい痛みを伴うこともあります。あまりの痛みに寝込んでしまう人もいらっしゃいます。トリキュラーは、排卵や子宮内膜の成長を抑制することで生理痛の軽減に効果を示します。腹部の痛みの他にも頭や腰の生理痛にも有効です。

月経困難症は、ひどいものになると日常生活に大きく影響を及ぼす可能性があります。痛みだけであれば鎮痛剤でごまかすことができますが、ときおり出現する吐き気や便秘などの症状もまとめて対応するためには、トリキュラーのような低用量ピルの服用が不可欠です。

トリキュラーを使用して月経困難症を改善することができれば、日常生活にストレスを抱えることが少なくなります。生理痛が辛いことが多く、ピルを使ったことがないという方は、一度トリキュラーの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

月経不順を改善して生理周期を一定にできる

トリキュラーの効果の根本にあるのは、女性ホルモンのバランスを整える働きです。ホルモンバランスが乱れていると、さまざまな身体の不調がおきたり、生理周期がくるってしまうことがあります。生理が1ヶ月経っても来ないかと思えば、3週間ほどでくることがあったりすれば月経不順が疑われます。

月経不順は、身体的にも精神的にも負担をかけます。トリキュラーは、ホルモンバランスを整えことで、生理周期をコントロールする効果があり、生理のタイミングを早めたり遅くすることができます。通常の飲み方でトリキュラーを使用すれば、生理周期を一定にすることが可能です。

生理のタイミングをコントロールする効果を利用すれば、旅行などのイベントの予定がある日程に生理が被らないようにすることができます。生理を気にしないでよくなれば、イベントを心から楽しむことができるでしょう。生理を早めるのか遅くするのかは本人の自由ですので、都合が良い方にコントロールしてください。

月経前症候群の治療にも効果が確認されている

月経前症候群(PMS)とは、生理の3~10日前頃にみられる不快な症状です。生理が始まると症状がなくなるという特徴があります。主な症状は腹痛や腰痛、頭痛、倦怠感、集中力の低下などです。イライラしたり落ち込むなどといったメンタル面でもマイナスとなります。

月経前症候群は、月経困難症のように鎮痛剤だけでは治療しきれないことが少なくありません。トリキュラーのような低用量ピルを用いれば、過剰な女性ホルモンの分泌を抑えることで月経前症候群の症状を緩和することができます。

トリキュラーが生理に関係する痛みを解消することができるのは、排卵を抑制することで痛みの原因となる物質の生成を阻害しているからです。その結果として、生理前や生理中の痛みが軽減されますので、月経困難症や月経前症候群の治療に対する効果が発揮されます。

このように、トリキュラーの効果は避妊だけではなく、女性特有の問題を幅広くカバーしています。今までピルといえば避妊のための薬だと思っていた方は、この機会に生理に関する悩みの解決策として、トリキュラーを選択肢に入れてみてください。