トリキュラーの通販を解説!病院処方とは何が違う?

トリキュラー

・第二世代の低用量ピル
避妊成功率は約99%
・生理痛や月経不順の改善にも効果的

トリキュラーは通販で買うこともできるよ!

通販価格をチェック!

トリキュラーの通販は個人輸入代行サイトを利用

第2世代の低用量ピルであるトリキュラーは、計画的な避妊の他にも生理痛の改善や生理周期のコントロールなど、さまざまな目的で使用されています。

トリキュラーの入手方法は、婦人科などの医療機関での処方が一般的ではありますが、個人輸入代行サイトを利用することで通販購入することが可能です。

個人輸入とは、個人利用を目的として海外から商品を輸入することです。医薬品の個人輸入には、いくつかの条件がありますが、その条件さえクリアしていれば、トリキュラーを通販という形で入手できます。

個人輸入ってなんだか難しそうだけど、代行サイトを使えば大丈夫なのかな?

個人輸入代行サイトでは、個人輸入に必要な手続きなどを代わりに行ってくれます。

自分で個人輸入をしようとすると、海外の業者と直接やりとりをしなければいけません。英語などの外国語のスキルがなければ円滑に個人輸入の手続きをすることは困難でしょう。

個人輸入代行サイトを利用すれば、Amazonなどの通販サイトを利用するのと同じ感覚でトリキュラーを注文できて便利です。

トリキュラーを通販で買うことのメリットは、病院処方に比べて手軽かつ費用を抑えられる点です。

移動や病院での待ち時間が発生しませんので、時間の節約にもなります。忙しくて病院に行く暇がないという方には、通販がおすすめです。

病院に行く時間がなかったり、なるべく手間を省きたいって人には通販がぴったりだね。

トリキュラーの通販価格はまとめ買いで安くなる

個人輸入代行サイトのあんしん通販マートを参考にして、トリキュラーの通販価格を紹介します。

あんしん通販マートで扱われているトリキュラーは、1シート21錠入りです。1シートあたり1,580円で販売されています。

トリキュラーの通販価格は、個人輸入代行サイトによって違います。

できるだけ安く販売されているサイトを利用したいでしょうが、安すぎると偽物や粗悪品が届けられるなどの問題が発生する可能性が疑われますので、複数のサイトを見て価格を比較することが大切です。

トリキュラーの通販価格は1,500円~2,000円くらいが相場だね。中には1,000円前半や2,000円台で販売しているサイトもあるみたい。

個人輸入代行サイトの特徴として、まとめ買いすることで割引が適用されて、より安くトリキュラーを購入できます。

低用量ピルは服用している間だけ効果が得られます。長期にわたってトリキュラーを使用する予定があるのであれば、通販サイトからのまとめ買いがお得です。

あんしん通販マートでは、2箱セットで2,614円(1箱あたり1,307円)、5箱セットで3,962円(1箱あたり792円)、12箱セットで6,980円(1箱あたり571円)で販売されています。まとめ買いする個数が多いほど割引が大きくなります。

トリキュラーを継続して服用するつもりならまとめ買いがお得だね!
種類 価格 1錠単価
トリキュラー 1,580円 75円
トリキュラー2箱セット 2,614円 62円
トリキュラー3箱セット 3,133円 49円
トリキュラー5箱セット 3,962円 37円
トリキュラー7箱セット 4,954円 33円
トリキュラー12箱セット 6,980円 27円

引用元:【公式】トリキュラー|あんしん通販マート

医薬品の個人輸入はルールを守っていれば合法

医薬品の個人輸入は、ルールを守っていれば誰でも行うことができます。実際に海外の医薬品を通販で取り寄せる前に、医薬品の個人輸入について定められているルールについて知っておきましょう。

トリキュラーなどの医薬品や医療機器の個人輸入は、薬事法によって規制されており、個人使用を目的にしている場合に限り輸入が認められています。

個人輸入した医薬品は、購入した本人のみが使用できます。他者に譲渡したり売ったりしてはいけません。

どんなに親しい間柄でも個人輸入した医薬品をあげたりしたらダメだよ!

また、数量に関しても条件があります。病院やクリニックで扱うような処方薬の個人輸入は、1度に1ヶ月分までと定められています。

1ヶ月分を超える量を注文すると税関でとめられてしまう要因となります。使用目的と数量にさえ気をつけていれば、問題なく個人輸入代行サイトから医薬品を通販購入できます。

サイトによっては、1ヶ月分を超える量の医薬品を注文することができます。その際には、最大で1ヶ月分の数量ずつ分けられて届けれらることになります。

このように、ほとんどの個人輸入代行サイトでは、注文した医薬品が税関で止められないように配慮されています。

医薬品の個人輸入では利用目的と注文する数量がポイントになるんだね!

病院ではピルの説明を受けた後で処方される


トリキュラーなどの低用量ピルを処方しているのは、産婦人科やレディースクリニックなどです。トリキュラーの病院処方を望んでいる場合は、最寄りの医療機関からこれらの診療科があるところを受診してください。

数ヶ月分のトリキュラーをまとめて処方してくれるクリニックもありますので、頻繁に通院する必要はありません。

病院やクリニックでは、問診やピルについての説明を受けてから処方に移ります。受付を済ますと健康状態や服用している薬の有無、病気などの既往歴について質問がありますので正直に答えましょう。

その後、血圧や体重の測定をして問題がないようであればピルの説明に入ります。

主にトリキュラーの効能や服用中の注意事項について説明されます。分からないことがあれば、医師に質問してピルに対する理解度を深めてから処方を受けるようにしましょう。

トリキュラーを処方する前に問診や検査から安全に使用できるかチェックするんだよ!

問診とピルの説明が終われば、トリキュラーを受け取ることが可能となります。

産婦人科でもレディースクリニックでもトリキュラーの処方までの流れは変わりません。

男性の目を極力避けたいのであれば、レディースクリニックがおすすめです。同性である女性の医師の方が相談などもしやすいでしょう。

トリキュラーは健康保険が適用されない

トリキュラーの病院処方で気になるのは、保険の適用が受けられるのかどうかです。トリキュラーなどの低用量ピルは、避妊目的だと自由診療となり、全額自費で支払わなければいけません。

残念だけど避妊は病気やケガの治療と違って健康保険が適用されないんだ…。

ヤーズなどの一部の低用量ピルは、月経困難症や子宮内膜症の治療に用いられる際に保険が適用されます。

月経困難症や子宮内膜症は、下腹部の不快感や痛み、発熱などが主な症状です。慢性化すると本人にとって辛い状態が続きますので、ヤーズなどの適応が認められているピルを用いた治療が行われます。

また、生理の出血量が多い過多月経の場合も保険が適用されます。

残念ながら、現在の日本においては避妊目的の低用量ピルの処方は健康保険がききません。トリキュラーも例に漏れず自由診療となります。

保健が適用されない理由としては、避妊は病気の治療に当てはまらないことや他の避妊方法があって低用量ピルは必須ではないことが考えられます。

自由診療にかかる費用は、医療機関側が決められますので、病院やクリニックによって価格が異なります。実際に病院やクリニックに行く前にホームページを確認して価格を比較しておきましょう。

トリキュラーの処方は病院やクリニックによって料金が違うよ。ホームページをチェックして事前に価格を確かめておこう。

トリキュラーの病院処方は約3,000円が相場

避妊目的でトリキュラーの処方を希望する場合は、1シートあたり2,500円~3,000円くらいが相場です。

実際には、薬代に加えて検査費用や診察料、処方料なども支払うことになりますので、合計するともう少しお金がかかります。

検査費用の相場は3,000円前後です。診察料に含まれていたり、別途で要求されたりします。検査は毎回必要となるわけではなく、半年~1年に1回くらいのペースで行われます。

診察料は、初診時と再診時で変わるケースがありますので薬代と合わせてチェックしておきましょう。

診察や検査はトリキュラーを安全に使うためにとっても重要なことだよ。その分の費用がかかるのも仕方ないかも。

自由診療でのトリキュラーの処方は、検査などがある初回時に費用が比較的多くかかります。

2回目以降は、診察料をとらず薬代と処方料のみとなるクリニックもありますので、費用が少なくなる傾向があります。処方料は、数百円程度である場合が多いです。

レディースクリニックなどのホームページを見てみると、トリキュラーの価格や診察料などを提示しているところが多いので、確認してからクリニックを訪れるようにすると、思っていたよりも多く費用がかかったなどとトラブルが発生することがありません。

種類 価格 1錠単価
トリキュラー 1,580円 75円
トリキュラー2箱セット 2,614円 62円
トリキュラー3箱セット 3,133円 49円
トリキュラー5箱セット 3,962円 37円
トリキュラー7箱セット 4,954円 33円
トリキュラー12箱セット 6,980円 27円

引用元:【公式】トリキュラー|あんしん通販マート